ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動をすれば持久力は上がりますか?

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動をすれば持久力は上がりますか?

 

有酸素運動には健康維持、ダイエットなどの他にも様々な効果が存在します。

 

そんな効果のうちの一つに、持久力をつけるということがあります。

 

持久力をつけるというのは、いわゆるスタミナをつけるということです。

 

したがって、スポーツをやっている人が、そのために有酸素運動をトレーニングに取り入れることが多いのです。

 

持久力とひとくちに言っても、大きく2つに分けることが出来ます。

 

その2つとは全身持久力と筋持久力です。

 

有酸素運動では、前者の全身持久力の向上をはかることができます。

 

全身持久力は、心肺機能が大きく関係している持久力です。

 

この心肺機能が向上すると、

 

・より多くの新鮮な酸素を体内に取り入れる能力が上がる
・心臓が強くなることによって、新鮮な酸素を含む血液を、より多く全身に送り出すことが出来る

 

というメリットがあります。

 

有酸素運動を行っていくと、心肺機能が向上しますので、この効果が期待できます。

 

それでは心肺機能の向上によってどのような効果につながっていくのでしょうか。

 

心肺機能が上がり、持久力が上がると、今までは無酸素運動に切り替わってしまっていたような強度の運動をしても、脂肪をエネルギーとした有酸素運動で運動できるようになります。

 

したがって、無酸素運動時に発生する筋肉の疲労物質である乳酸の発生を抑えることができ、より長時間の運動にも耐えられるスタミナがつきます。

 

長時間運動できるようになると、より多くの脂肪を燃焼することにもつながってきますね。

 

また、乳酸の発生を抑えることは、疲労や筋肉痛などの防止にもなりますので、一石二鳥です。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.