ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動の時間

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動の時間

 

「有酸素運動をするなら20分以上しましょう!」ということをよく耳にしませんか?

 

実際テレビや雑誌などでも、20分以上の有酸素運動がダイエットには効果的である、というように言われたり書かれたりしています。

 

ではどうして20分以上の有酸素運動がいいのか謎を探っていきましょう。

 

ご存知のとおり、有酸素運動は、体内に蓄積された脂肪をエネルギー源として行われる運動です。

 

そのエネルギー源となっている脂肪は、体内のどこにあるのでしょうか?

 

一番よく知られているのは皮下脂肪ですよね。

 

皮膚組織のすぐ内側にある、よくぜい肉とも言われるものです。

 

その他にも内臓に付着するようにつく内臓脂肪や血液中に存在する脂肪などがあります。

 

それでは話を戻しますが、20分以上の有酸素運動が良いと言われる由来は、20分という時間を区切りに、エネルギー源として使われる脂肪の種類が違うからです。

 

運動開始から20分くらいまでに使われるエネルギー源の脂肪は、血液中に存在する血中脂肪です。

 

よくドロドロ血とサラサラ血という言葉を耳にすると思います。

 

20分くらいまでの有酸素運動では、血中脂肪を燃焼するため、血液をサラサラにする効果はありますが、肉としてついた脂肪までは使われません。

 

有酸素運動が20分を超えると、血中脂肪をある程度使い終わり、今度はエネルギー源として皮下脂肪や内臓脂肪を使うようになります。

 

20分以上続けて、はじめてダイエットに効果的な脂肪燃焼がされることになる、というわけなのです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.