ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

巻くだけダイエット成功のコツ

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

巻くだけダイエット成功のコツ

 

<エクササイズを取り入れる>

 

巻くだけダイエットをより早く効果的に成功させるには、エクササイズを取り入れたほうが良いんです。

 

巻くだけダイエットでは、巻き方に合わせたエクササイズが紹介されていますので、それを実践するのです。

 

骨盤巻きには膝パタパタエクササイズ、たすきがけ巻きには肩甲骨まわし、コマネチ巻きには足首回しが効果的だそうです。

 

これらのエクササイズは、とっても簡単だし、辛くないので誰にでも実践できるところが素晴らしいんです。

 

矯正バンドを巻いた上で巻き方に合わせたエクササイズを行うと、エクササイズをしない場合と比べて、早く正しい位置に筋肉が付いてくるために、効果が早く出るばかりじゃなく、巻くだけダイエットを続ける期間を短くすることもできるんです。

 

また、矯正バンドを巻いた上でエクササイズを行うと、血行や筋肉の動きが制限されて負荷がかかるため、簡単な運動をしてもハードな運動をしたのと同じだけの乳酸が筋肉で作られて新陳代謝が活発になるので、脂肪がたくさん燃焼されて、早くダイエット効果が現れます。

 

少し前に話題になった、加圧トレーニングと同じ原理ですが、加圧ほど強く圧力を加えないので、指導者の下で行わなくても大丈夫です。

 

とはいえ、矯正バンドを巻いている時間も、エクササイズも、3分以上続けないように注意してください。

 

<毎日3分続ける>

 

巻くだけダイエット成功のコツは、毎日3分続けることです。

 

さらに、早く効果を出したい人は、3分間巻いた後、10分おいてからまた3分巻くを繰り返してください。

 

なぜ、毎日続けるのがコツなのかと言うと、矯正バンドを外してしばらくすると整えた骨の位置が元に戻ってしまうためなんです。

 

毎日続けて、筋肉が正しい位置に正しく発達して、矯正バンドがなくても骨を正しい位置にキープできるようになるまで、毎日続けなければならないんです。

 

巻くだけダイエットを始めて矯正バンドを巻くと、1回目ですぐに効果が現れる人も多いと思いますが、それは、ほんの一時の幻と言っても過言ではありません。

 

矯正バンドを巻いた後は、骨が正しい位置に矯正されているので、ウエストが細くなるとか、足が細くなるといった効果がすぐに分かるのですが、矯正バンドを外してしばらくすると、骨の位置は元に戻ってしまうんです。

 

なぜなら、骨を正しい位置にキープする筋肉が弱いままだから。

 

矯正バンドを巻いて骨の位置を矯正し、骨の位置が完全に戻ってしまう前に(次の日)にまた巻くということを繰り返しているうちに、骨を正しい位置にキープするための筋肉が付いてきます。

 

ですから、毎日巻くことが大切なのです。

 

矯正バンドが必要なくなるまで、少なくとも3ヶ月は続けた方が良いそうです。

 

<体の歪みをチェックする>

 

巻くだけダイエット成功のコツは、まず、自分の体のゆがみをチェックすることです。

 

まずは、下記のチェック項目を見てみてください。

 

ひとつでも当てはまるものがあれば、体にゆがみがあるということになります。

 

・いつの間にかスカートがまわってしまう。

 

・靴の内側、外側のどちらかが偏って減っている。

 

・ひどい生理痛がある。

 

・横向きかうつ伏せで寝ている。

 

・顔が左右対称ではない。

 

多分、ほとんどの人がどれかに当てはまるのではないでしょうか?

 

どれかに当てはまれば、巻くだけダイエットを行うことで、上記の症状が治ってきますし、きっとゆがみによって現れていた他の不調や肥満なども解消すると思います。

 

また、鏡の前で目を閉じて、その場で10秒間足踏みし、10秒たったら足を止めて目を開け、力を抜いて立って目の前の鏡に映った姿をすばやく見てみてください。

 

眉の高さ、耳の位置、肩のライン、手の長さ、膝の位置が左右で違っていませんか?

 

巻くだけダイエットを始める前に、上記のようなことをチェックしておくと、巻くだけダイエットの効果が目に見えて分かるので、やる気が起きます。

 

例えば、「眉の高さがそろってきた」とか、「手の長さがそろってきた」など、目に見えて体のゆがみが整ってくるのが分かります。

 

こうして、始める前に自分のゆがみを知っておくことが、巻くだけダイエット成功のコツなんです。

 

<正しく巻く>

 

巻くだけダイエットを成功させるためには、矯正バンドを正しく巻きましょう。

 

「効果が出ない」と嘆いている方の多くは、巻く位置を間違えていることが多いんです。

 

骨盤巻きでは、ウエストなど、効果のある位置より高い位置に巻いてしまう人が多いようなのですが、骨盤を矯正するには、仙骨というお尻の割れ目の上の大きい三角形の骨と、腰骨の辺りを矯正バンドでしっかり覆うように巻かなければいけないんです。

 

また、コマネチ巻きでは、地面と水平の位置に巻いてしまう人がいるようなのですが、ちゃんと足の付け根に沿って巻いて、巻き終わったらコマネチのレオタードのようにならないとダメです。

 

間違った位置で巻くと、かえって歪んでしまう恐れもあるので、巻くときには本またはDVDをしっかり見て、正しい位置を確認しましょう。

 

それから、巻く強さにもコツがあります。

 

巻く強さは、『気持ちの良い強さで引っ張る程度に』です。

 

また、巻いている時間は3分程度にしてください。

 

しびれるほど強く巻いたり、足先や指先が冷えてくるほどずっと巻き続けるのは、体に良くありません。

 

巻いたり外したりを数回繰り返す方が効果があるんです。

 

巻いている時間の長さを守る、巻く強さに注意する、巻く位置を間違えないなどのポイントに気をつけて、正しく巻くことが巻くだけダイエット成功のコツです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.