ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

たすきがけ巻き

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

たすきがけ巻き

 

上半身の矯正になる巻き方、たすきがけ巻きをご紹介します。

 

1.矯正バンドの端を結んで輪を作る。
2.輪を1回ひねって8の字を作り、両手首にかける。
3.そのまま両腕を上げ、片腕の矯正バンドを肩の付け根まで下ろす。
4.リュックを背負うイメージで交差している部分を頭の後ろへ持っていく。
5.肩を回して、矯正バンドを脇の下に下ろし、交差部分が背中に来るように調整する。

 

巻いている時間は1回3分を目安とし、続けて行いたい場合は10分間をあけてください。

 

強すぎず、弱すぎない強さになるよう、矯正バンドで作る輪の大きさを調節してください。

 

輪の長さは、バンドを2つ折りにして肩にあて、肩幅+げんこつ1個分の長さを目安にすると良いでしょう。

 

この巻き方をすると姿勢が良くなるため、ウエストのシェイプアップや肩こりに効果的です。

 

姿勢を良くすることで、肩こりと背中のこりが改善され、上半身のむくみもスッキリします。

 

また、上半身の余分な脂肪が取れ、バストアップにも効果があります。

 

さらに、バンドを巻いていない時も巻いている時の姿勢を意識しながら生活することで効果がアップします。

 

初めての1回でかなり肩こりやむくみなどの不調が取れますが、筋肉が正しい位置に付くまで続けてやらないと、すぐに元に戻ってしまいます。

 

したがって、短くても3ヶ月は毎日続けた方が良いそうです。

 

また、矯正バンドを巻いた状態で行う運動も紹介されており、その運動を行うことでより効果が高まるそうです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.