ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

骨盤の歪みと出産

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

骨盤の歪みと出産

 

妊娠・出産というのは、いつの時代も女性にとっての大イベントです。

 

幸せな事はみんなで共有したいものですが、妊娠・出産時の痛みや産後の体調変化はさすがに共有することができません。

 

では、妊娠・出産によって骨盤はどのように変化するのでしょうか。

 

まず、妊娠すると関節が柔らかくなるホルモンが分泌されます。

 

骨盤はもともと一つの骨ではなく、小さな骨の寄り集まりなので関節が沢山あります。

 

妊娠中、女性の体重は胎児+羊水などで約10キロ以上増加します。

 

その間子宮から常に骨盤が開くように内から外への圧力がかかり続けます。

 

この働きかけが骨盤に働く為、臨月までに骨盤はかなり大きく開いてしまいます。

 

更に追い打ちをかける様に出産時には大きく骨盤が開きます。

 

大きな赤ちゃんが産道を通って外に出る際、頭蓋骨が圧力で閉じていきますが、それでも大きいことに変わりありません。

 

骨盤は更に大きく開いた状態になってしまうのです。

 

これは帝王切開か自然分娩化に関わらず必ず起こります。

 

これをそのままの状態で放置しておくと開いた骨盤がそのまま固まり、太りやすくなったり、ウエストにくびれがなくなったり、お尻がかの有名なピーマンになったり。

 

更には厄介な腰痛を抱え込むこともあるのです。

 

幸せを得ると同時に不幸に見舞われては元も子もありません。

 

子育ての合間に出来る簡単なエクササイズなどで、産後の体を上手に元に戻すことが、「昔から変わらないお母さん」への近道です。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.