ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

骨盤の歪みと下半身太り

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

骨盤の歪みと下半身太り

 

洋梨体系が日本人には多いそうです。

 

腰から下にお肉がつきやすい人の事をこのように呼びますが、これにも骨盤が大きく関わっています。

 

骨盤の左右を支える大きな骨を仙骨と言いますが、ここのすぐ上の部分で、上半身と下半身の血管が交わります。

 

足元から上がってくる血液は冷たい血液。

 

上半身から来る血液は温かい血液です。

 

これらはちょうど仙骨の上で交差する時に熱の受け渡しを行い、余分な脂肪分などについては老廃物として排出する役割も担っています。

 

しかし、骨盤が歪むと、仙骨の位置がずれ、本来行わなくてはならない血流の熱交換がうまくいかず、よっていくら運動してもなかなか下半身のお肉は落ちにくい体質の方が出来上がってしまいます。

 

では、これらの状況をどのように打破するべきでしょうか。

 

ヒントはやはり骨盤です。

 

正しい位置にあれば血流は簡単に改善します。

 

整体・セルフチェック・自宅での骨盤運動を行って歪みを矯正。

 

それからゆっくりと股関節のコリをほぐし、ゆっくりとウォーキングなどの軽い運動を始めましょう。

 

血流の改善には酸素が不可欠ですので、有酸素運動を友好的に行います。

 

運動後のクールダウンを行う事で乳酸がたまったり、筋肉のコリによって関節の血流が悪化することを防ぎます。

 

さらに夜就寝前にふくらはぎを伸ばしてやれば、下半身痩せの運動は完璧!

 

上手に血の巡りを改善して、すっきりしたお尻を手に入れましょう!

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.