ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

どうして朝のジョギングは危険なのですか?

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

どうして朝のジョギングは危険なのですか?

 

ジョギングは、体を使って行う運動の一種ですから、どうしても怪我と言うリスクは避けられません。

 

そして、他の車や自転車などが行きかう道路を走るというのであれば、さらに交通事故にあってしまう危険性なども無いとは言えません。

 

できればそういったリスクや危険を少しでも少ない状態にして、ジョギングを楽しめたら良いですよね。

 

そんな中、朝のジョギングは危険だと思っている方も多いようです。

 

朝ジョギングをしている方はたくさんいますよね。

 

もちろん答えは、そのようなことはありませんので、朝行いたいという方は朝行ってください。

 

ただし、いくつか注意しなければならないことがあります。

 

そもそもこのようなことが言われるようになったのは、いわゆる低血糖を心配してなのではないかと思います。

 

朝起きてすぐは、夕食〜朝食まで時間が空いているため、1日の中で最も血糖値が低い状態になっています。

 

その時にジョギングを行ってしまうと、血糖値が下がりすぎてしまい、極端に血糖値が低くなると、ふらついたり、酷い場合には意識を失ってしまう危険性があります。

 

確かにこの危険性はないとは言い切れないので、元々血糖値が低めな方の場合には、走り始める前に多少の糖分を補給してから行った方がより安全であるといえます。

 

また起きて本当にすぐは、体が眠りから覚めたばかりで、まだ色々と普段よりは鈍いということもありますので、起きてからしばらくたってから行うのがよいでしょう。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.