ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

たんぱく質を摂取する

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

たんぱく質を摂取する

 

たんぱく質は糖質などとは違って、運動の直接的なエネルギー源ではありません。

 

しかし、たんぱく質は運動において、とても大事な栄養素の一つなのです。

 

その最大の理由が、たんぱく質は筋肉の元となる栄養素であるということです。

 

無酸素運動の場合は、筋肉自体を鍛える運動なので、筋肉の元となるたんぱく質は欠かせない存在ですが、有酸素運動においても、運動である以上筋肉を使って行われますので、大事な栄養素なのです。

 

そして、有酸素運動時においてたんぱく質が大事な理由は、たんぱく質がヘモグロビンの材料の一部であるということです。

 

ヘモグロビンは、血液中に含まれていて、体中に酸素を運搬するという非常に重要な働きを担っています。

 

ヘモグロビンの材料である鉄分やたんぱく質が不足すると、体の組織への酸素の供給量が減ってしまいます。

 

これは、酸素を使って体の脂肪を燃焼させてエネルギーとする有酸素運動においては、致命的なことですよね。

 

このような状態になると、脂肪を効率よく燃焼できないばかりか、酷いと貧血状態に陥ってしまい、運動自体を続けることができなくなってしまいます。

 

このような理由からたんぱく質を摂取するのは大事なことなのですが、一つ注意点があります。

 

タンパク質には植物性・動物性の2種類ありますが、余分な脂肪分を取らないために、植物性のものを中心に摂取するように心がけましょう。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.