ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

スロージョギングと痛風予防の効果

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

スロージョギングと痛風予防の効果

 

スロージョギングは、私たちの体にとって、とてもよい健康効果をたくさん持っています。

 

そのたくさんある健康によい効果のうちの中の一つに、痛風の予防効果というものがあります。

 

痛風というのは、中年以上の男性、いわゆるおやじ特有の病気と考えている方が多いと思います。

 

確かに中年の方に多い病気ですが、最近ではそれ以外の方でも増えている病気のようです。

 

痛風については、名前を聞いたことはあるが、実際にどのような病気なのかはよくわからないという方も多いでしょう。

 

痛風というのは、高尿酸血症の人に、あるきっかけがあって、関節炎を引き起こす病気です。

 

あるきっかけというのは、人によって様々であり、医学の進歩した現在でも、明確にはされていません。

 

高尿酸血症は、生活習慣病の一種であり、肥満が大きな要因の一つであると考えられています。

 

ということは、この肥満を解消したり、予防したりすることによって、痛風を予防することになるということです。

 

スロージョギングは、有酸素運動ですので、習慣的に行うことによって、体にある脂肪を燃焼して肥満を解消し、さらには太りにくい体質を作ることにもなります。

 

もともと高尿酸血症の方にとっては、筋肉の疲労物質である乳酸がたくさん発生するような運動は、尿酸の排出活動を阻害して、かえって危険な場合があります。

 

しかし、スロージョギングは、乳酸の発生しない運動ですので、高尿酸血症の方でも、安心して行うことができます。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.