ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

スロージョギングと呼吸法

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

スロージョギングと呼吸法

 

どんな運動でも、運動時の呼吸法というのは、とても大切なことです。

 

特に有酸素運動と呼ばれる運動では、呼吸で取り入れた酸素を使って、脂肪を燃焼しながら、それを運動のエネルギーとして利用しながら行うことになるので、運動と呼吸法には密接な関係があります。

 

スロージョギングも有酸素運動の一種なので、呼吸法は大事なこととなってきますが、何か特別な方法で行う必要があるのでしょうか。

 

長距離走を行う時には、2回吸って2回吐く、スッスッハッハッという感じで呼吸をするのがよいと、学校時代に教わったと思います。

 

ランニングやジョギングなどはこの方法が基本で、吸う時はなるべく鼻から吸い、吐く時は口から吐き、その時に肺の中の空気をしっかりと吐ききるというようなことも大切だと言われています。

 

スロージョギングを行う時には、この長距離走の呼吸法の基本を全く意識する必要がありません。

 

というよりも、逆に通常の動作を行っている時と同じような呼吸法を行うといった方がよいかもしれません。

 

ランニングやジョギング時に、そのような呼吸法を行う必要があるのは、酸素を効率よく取り入れて、運動するのに支障が出ないようにするためです。

 

これに対してスロージョギングは、そもそも誰かとニコニコ話をしながら、余裕を持ってゆっくりと走る運動なので、特別に呼吸法を意識せずに行うのです。

 

むしろ気をつけるのは、通常と同じ状態で呼吸ができないようになっていないか、ということの方かもしれません。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.