ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

スロージョギングのやり方

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

スロージョギングのやり方

 

スロージョギングについて、興味を持っている方はたくさんいることと思います。

 

その方々の中で、スロージョギングのやり方についてまでご存知の方はどのくらいいるのでしょうか。

 

まずは、スロージョギングはどのような運動なのか、ということをおさらいしてみましょう。

 

スロージョギングというのは、ジョギングと同じように走るという動作を行う運動です。

 

ジョギングとはどのような違いがあるのかといいますと、走るスピードが違います。

 

普通のジョギングでは、大体時速6km前後くらいのスピードで走ります。

 

それに比べると、スロージョギングでは、大体時速でいうと4〜5kmくらいというスピードで走ることになりますので、歩くのと同じくらいのスピードで走ることになります。

 

とはいっても、歩くという動作を行うウォーキングとは異なります。

 

以上の点を踏まえて、スロージョギングはどのようなやり方で行えばよいのか説明します。

 

歩くのと同じくらいという遅いスピードで、走るという動作を行えばよい、ということになります。

 

言葉で言ってしまうと簡単なことのように感じますが、実際には結構難しくて、慣れるまでに時間がかかってしまうような動きだったりします。

 

確かに日常生活で、歩くようなスピードでゆっくりと走る、ということなどまずないですもんね。

 

私たちが走る時というのは、急いでいる時など、歩くよりも速く行動しようとする時に行うのが普通です。

 

その走るという動作をあえて遅いスピードで行う、というのがスロージョギングのやり方です。

 

普通のジョギングでは、一歩一歩地面を蹴り出しながら、その力を前へと進む推進力にしながら走りますが、スロージョギングでは、このようには走りません。

 

蹴り出すのではなく、足を地面で押すような感覚で走ります。

 

速く走る必要がないので、蹴り出しによる勢いがなくても、問題なく走ることができます。

 

さらに、ジョギングでは、股関節を意識して、足を振り子のような感じで動かすイメージでリズミカルに走るのですが、スロージョギングの場合には、太ももの力を使って、一歩一歩ゆっくりと走っていくような走り方になります。

 

このような走り方をすることによって、筋肉の中でも、遅筋と呼ばれる筋肉だけを使った走り方ができるようになるので、正しいスロージョギングの走り方を身につけることができたということになります。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.