ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動とコレステロールの関係

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動とコレステロールの関係

 

有酸素運動のもつ様々な効果について考えてみましょう。

 

その一つが「善玉コレステロール値が上がる」ということです。

 

まずは良く聞く言葉のコレステロールとは何かというところから説明していきましょう。

 

「コレステロール=体にとってよくないもの」と認識している方も多いのではないでしょうか。

 

実はコレステロールは、体の細胞を構成する物質であったり、ホルモンの原料となっていたり、私たちの生命を維持していくためになくてはならない重要なものなのです。

 

このうち血中に存在するコレステロールは、リポタンパク質という物質と結びついています。

 

コレステロールは脂溶性なので、単体では血液には溶けません。

 

よって、リポタンパク質に包まれて血中に存在しています。

 

この結びついている物質の違いから、善玉コレステロールと悪玉コレステロールとに分けられるのです。

 

悪玉コレステロールは、肝臓から体の組織へとコレステロールを運ぶものです。

 

善玉コレステロールは逆に、体の組織から余ったコレステロールを回収して、肝臓へと戻す時のものです。

 

善玉には動脈硬化を予防する働きがあるので、善玉と呼ばれています。

 

少し前置きが長くなってしまいましたが、有酸素運動にはこの善玉コレステロールを増やす効果があります。

 

どのくらいの運動が必要なのかというと、大体1週間に900kcal以上の運動が必要であると言われています。

 

善玉コレステロールを増やすためには、これを目処に運動を習慣づけると良いでしょう。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.