ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動と生活習慣病予防の関係

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動と生活習慣病予防の関係

 

有酸素運動のもつ様々な効果について考えてみましょう。

 

その一つが「生活習慣病の予防効果」です。

 

きっと誰もが「生活習慣病」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

しかし、これがどういった病気なのか説明できますか?

 

生活習慣病とは、その名前の通り、生活習慣が病気の深い原因になっている場合が多いと考えられている病気の総称です。

 

総称ですから、一つの病気のことを指す言葉ではありません。

 

具体的な病気としては、高血圧、糖尿病(一部を除く)、高脂血症、がん、心臓病など様々なものがあります。

 

例えば、高血圧を例にとると、塩分の高い食生活を続けていたり、過度の飲酒を行っているとかかりやすくなります。

 

このように、生活習慣が原因で発症する可能性が高くなる病気のことを言うのです。

 

それではなぜ有酸素運動には、生活習慣病を予防する効果があるのでしょう。

 

もちろん、すべての生活習慣病に対して予防効果があるわけではありません。

 

例えば、高脂血症を例にとってみましょう。

 

高脂血症は血液中にある脂肪の量が過剰になっている病気です。

 

いわゆるドロドロ血という状態です。

 

有酸素運動を行うと、血液中の脂肪がエネルギーとして使われます。

 

そうすると必然的に血液中の脂肪の量が減りますよね。

 

このように、有酸素運動は生活習慣病の原因となる状態を防ぐ効果があるのです。

 

そもそも適度な運動を行うということ自体が、体にいい生活習慣をつける、ということにもなりますよね。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.