ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ジョギングシューズの正しい履き方

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ジョギングシューズの正しい履き方

 

ジョギングする時に履くジョギングシューズですが、ただ履けば良いと言うわけではありません。

 

きちんとした正しい履き方というものがあるのです。

 

シューズの履き方で、一番のポイントになるのが紐です。

 

最近では、大体紐が通された状態で売られていることが多いですが、初めて履く時には、一旦はずしてから通すのがよいです。

 

この時の紐の通し方ですが、穴の上から下へと紐を通した方が、緩みにくいのでよいです。

 

つま先に近い方は、少しきつめにを意識して通していきます。

 

足首に近い方は、あまりきつくならないように、少しゆるくするのがポイントです。

 

これは走っているうちに、足が膨張するからです。

 

全部をきつくしめてしまうと、足が疲れやすくなってしまったり、怪我の原因にもつながります。

 

穴に紐を通し終わったら、最後は蝶々結びにします。

 

余った部分が長めに残っているようであれば、中の方に差し込んでおくと、ほどけにくくなったり、靴紐を踏んでしまっての転倒防止をすることができます。

 

そして、この状態で脱ぎ履きをしないで、毎回脱ぐ時には紐をほどき、走る前には少し紐を緩めて、結び直すことが大切です。

 

同じ自分の足でも、その時のコンディションによっては、若干の違いがある場合があります。

 

面倒くさがらずに、毎回履く時に、ベストの状態で靴紐を調節することは、かなり重要なことです。

 

また、走っている最中に靴紐がほどけてしまったら、履く時と同じように、しっかりと結び直しましょう。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.