ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ジョギングと土踏まずの痛み

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ジョギングと土踏まずの痛み

 

ジョギングをしている最中に、突然足の裏が痛くなったことのある方は、結構多いのではないでしょうか。

 

走っている最中に土踏まずのあたりに痛みを感じて、走れなくなってしまうという状態です。

 

足の裏が痛くなると言っても、原因は一つではありませんが、ジョギング中に起きる、この土踏まずの痛みの原因のほとんどが、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)でしょう。

 

足底筋膜というのは、かかとの骨から足の指の付け根の骨までの間の縦のアーチを形成している部分です。

 

いわゆる土踏まずというところを形成している部分です。

 

ジョギング中には、足の裏で着地をして、地面を蹴りだす力によって、前方へと進みます。

 

したがって、この足底筋膜には、負担がかかり続けてしまうことになります。

 

十分な脚力があれば、この負担は耐え切れるようなものであることが多いです。

 

しかし十分な脚力がないと、足が疲れてくるにしたがって、この負担は大きくなってきてしまいます。

 

そこで、この足底筋膜が炎症を起こしてしまって、痛みを感じてしまうのです。

 

これを防ぐには、日頃から脚力を鍛えるのが一番効果があります。

 

足の裏のマッサージを重点的に行うのも予防につながります。

 

また、無理をし過ぎないように気をつけなければなりません。

 

そしてこの足底筋膜炎は、土踏まずのアーチの高い人のほうがかかりやすくなっています。

 

ですからアーチの高い方は、インソールなどで工夫をするのも予防になります。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.