ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ジョギングとランナー膝

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ジョギングとランナー膝

 

ランナー膝とは、別名腸脛靭帯炎とも呼ばれる病気のことで、その名前の通り、長距離走を走っている方に多い病気です。

 

走る時には、膝は伸び縮みをしています。

 

その時に、いわゆる膝のお皿と、太ももにある大腿骨の骨とがこすれてしまい、これが何度も繰り返されることによって、炎症を起こしてしまい起きてしまうのです。

 

本格的なマラソンランナーのようなトレーニングをしていない限りは、そんなに心配することもないかもしれませんが、走る場所によっては、ジョギング程度の運動でもかかってしまう危険はあります。

 

例えば、アスファルトやコンクリートのような硬い路面ばかりを走っていたり、下り坂のような体重の衝撃をさらにアップさせるようなところを多く走ったりなどは、膝への負担が大きくなるので、出来れば避けるようにしましょう。

 

最初はなんかたまに痛いなと感じる程度かもしれませんが、症状が悪化してくると、どんどん痛さが増してきて、膝の周りが腫れてきてしまい、膝が曲がらなくなり、歩くのも困難になってしまう場合もあります。

 

違和感を感じたら、すぐにお医者さんで診てもらった方がよいかもしれません。

 

一旦、ランナー膝になってしまうと、しばらく走れなくなるのはもちろんのこと、きちんと治療しなければなりません。

 

そうならないためにも、走る前にストレッチなどの準備体操を念入りにするのは欠かさないようにしましょう。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.