ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ジョギング前のウォーミングアップ

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ジョギング前のウォーミングアップ

 

ジョギングは、ただ走るだけという簡単な運動です。

 

確かに簡単な運動ですが、だからといって、運動前に準備を怠ってもよいということではありません。

 

ジョギング前には、しっかりとウォーミングアップを行ってから、行うようにしましょう。

 

それでは、どのようなウォーミングアップをしたらよいのでしょうか。

 

まずは、実際に動き始める前に、足腰を中心とした関節や筋肉をほぐすような準備運動を行うことです。

 

簡単なことですので、必ず行うようにしましょう。

 

これをやることによって、怪我をしてしまうリスクを、かなり減らすことが出来ますので、甘く見てはいけません。

 

ジョギングのような走るという行為は、短いジャンプを繰り返しているような運動です。

 

したがって、軽くジャンプを繰り返すような動きもあわせて行うと、体に準備をさせるという意味でより良いです。

 

運動初心者の方や、まだ走ることに慣れていないという方にとっては、まず走る前に少しウォーキングを行ってから、ジョギングへと移行していくというのも効果的かもしれません。

 

ジョギングに比べるとウォーキングの方が、足への負担も軽いですから、より負担の高いジョギングを行うためにも、衝撃に対する足腰へのウォーミングアップとしてもよいのではないでしょうか。

 

どのようなことをするにしても、十分に体を温めることが出来るようなウォーミングアップを心がけることで、体を軽快に動かすことが出来ることと、怪我を防止することへとつながります。

 

どんな運動でもそうですが、その運動を行う前に、十分に準備体操を行ってから行うということは、とても大事なことです。

 

大事なことというよりも、必須といった方が正しいかもしれません。

 

それでは、ジョギング前には、どのようなところに重点をおいて準備体操を行ったらよいのでしょうか。

 

いくつかポイントをご紹介します。

 

まず、ジョギングということで、なんといっても足を重点的に行う必要があります。

 

中でも着地の際に、衝撃を受ける足首は、一番重点的にほぐしておきたいところです。

 

グルグルと回して、柔らかくほぐすのが効果的です。

 

次に、膝も着地の衝撃を受けるところです。

 

膝も十分に曲げ伸ばしして、ジョギングで受ける衝撃へと備えましょう。

 

さらに見落としがちですが、腰周りも十分に行いましょう。

 

前屈をしたり、ラジオ体操の動きであるように、大きく回したりと、十分に準備をしましょう。

 

そして、アキレス腱をしっかり伸ばすことも忘れてはいけません。

 

スポーツをする際に、アキレス腱を痛めてしまうと言う怪我は、結構よく聞く怪我ですよね。

 

そういったことを防ぐためにも、ジョギング前には十分に伸ばして、ほぐすようにしましょう。

 

さらには、足全体を軽くマッサージして、筋肉などを柔らかくほぐしてから行うと、怪我をしにくくなります。

 

また、特に気にしてない方も多いかと思いますが、首や肩なども回したりなどするのもおすすめです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.