ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ジョギングと痛風予防の効果

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ジョギングと痛風予防の効果

 

痛風と呼ばれる病気を聞いた事があるでしょうか。

 

吹く風が当たっただけで痛いという病気だと聞いた事がある方もいるでしょう。

 

痛風は、足腰や肩や肘、膝などの体のあらゆるところの関節が痛くなるという病気です。

 

風のように痛みが各箇所を移動する、強くなったり和らいだりすると言う意味の病名でもあると言われています。

 

患者の9割以上が男性と言う病気ですが、現代医学をもってしても、メカニズムが解析されていないと言う未知の病気でもあります。

 

発作による痛みは、骨折よりも痛いと言う、出来ればなりたくない病気です。

 

メカニズムが解析されていないために、全ての原因は解明されていませんが、痛風になる原因の土台に高尿酸血症があります。

 

これは、血液中の尿酸値が高いという病気です。

 

この尿酸値を下げたり、急激な上昇を防いだりするために、ジョギングが効果を発揮します。

 

そもそも痛風持ちの人にとっては、尿酸値を急激に上昇させるような無酸素運動は禁物です。

 

しかし、運動不足に陥ってしまうと、さらなる病状の悪化を招いてしまう可能性もあります。

 

そこで、比較的軽い運動であるジョギングを行うことが、尿酸値を安定させることにつながり、結果的に痛風による発作を予防するということにもつながって行くと言うわけです。

 

痛風は、原因となるプリン体を摂らないように気をつけることはできますが、何か食事によって改善するということは困難な病気です。

 

したがって、ジョギングを行うということが、予防効果として有効な手段なのです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.