ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ジョギングと心肺機能を高める効果

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ジョギングと心肺機能を高める効果

 

ジョギングは、ただ走るだけという簡単な運動ですが、体のあらゆる部分を鍛えたり、体のあらゆる機能を高めたりするうえで、実はあなどれない運動でもあるのです。

 

ジョギングは有酸素運動と呼ばれる運動の一種です。

 

この有酸素運動では、ある程度の時間運動を続けると、運動のエネルギー源として、体についている体脂肪を燃焼させて使用するようになります。

 

この脂肪を燃やすために必要となってくるのが酸素です。

 

それでは、この酸素を体に取り入れているのはどこでしょうか。

 

そうです、肺ですね。

 

私たちの体は、呼吸をして空気を吸い、肺で空気交換と呼ばれる作業が行われて、新鮮な酸素を体内に取り入れて、不要な二酸化炭素を体外に排出しています。

 

それでは肺で取り入れられた新鮮な酸素は、どのようにして体の各部分へと供給されているのでしょうか。

 

そうです、血液です。

 

血液の中に新鮮な酸素を取り入れて、それを血液にのせて、全身へと運んでいるわけです。

 

この時に血液を体中にめぐらせるために、ポンプのような役割を果たしているのが心臓です。

 

ジョギングは、この肺と心臓の活躍なくては、成立しない運動です。

 

そして、ジョギングを習慣的に続けることによって、肺と心臓は、この働きをより効率的に行うことが出来るようになり、結果的に心肺機能と呼ばれる機能を高めることへとつながっていくのです。

 

ジョギングの他にも、ウォーキングや水泳など、同じ有酸素運動には、同じような効果が期待できます。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.