ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動とがん予防の関係

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動とがん予防の関係

 

有酸素運動のもつ様々な効果について考えてみましょう。

 

その一つが「がん予防が出来る」ことです。

 

癌とはご存知のとおり悪性腫瘍のことで、遺伝子の異常などによって制御のきかなくなった異常な細胞の塊のことです。

 

これが進行していくと、他の正常な細胞に浸潤しながら増殖していき、様々な場所に転移していき、体の重要な組織を機能不全に陥れていきます。

 

医学が進歩している現在でも、ガンは私たちにとって、命をおびやかすとても脅威のある病気です。

 

実は有酸素運動には、このがんをも予防する効果があるというのです。

 

世界的なガンの研究機関からも、がん予防の一つとして運動が掲げられています。

 

これによると、1日30分以上の運動が効果的だそうです。

 

毎日と考えると少し大変ですが、テレビを観ながら、家事をしながらなどでもできる有酸素運動なら、十分可能です。

 

第一、それが恐ろしいがんの予防につながるのですから、がんになってしまうことを考えると、何とか行っていきたいものですよね。

 

また肥満を防止し、標準体重を保つことも同時に予防として掲げられています。

 

有酸素運動には、肥満の予防・解消の効果もありますよね。

 

つまり、有酸素運動を行うことによって、がん予防として掲げられている2つの目標をクリアすることができるのです。

 

がんになって負うリスクを考えると、有酸素運動を習慣づけることによる予防効果がどれだけ大きなことか、考えられるでしょう。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.