ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ジョギングとコレステロール減少の効果

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ジョギングとコレステロール減少の効果

 

ジョギングを定期的に行うことは、とても健康に良いと言われています。

 

なぜかというと、ジョギングには、様々な病気を予防したり、体を正常な状態に保ったりという効果が期待できるからです。

 

そんな期待できる効果のうちの一つに、コレステロールを減少させるという効果があります。

 

コレステロール自体は、細胞膜の構成物質などとして、私たち人間を始め、動物にとっては、欠かせない大切なものです。

 

それでは何故このコレステロールを減らすことは、良いことと言われているのでしょうか?

 

コレステロールといっても、種類があります。

 

聞いた事がある方も多いかもしれませんが、いわゆる善玉コレステロールと悪玉コレステロールと呼ばれているものがあります。

 

名前からもわかる通り、減らした方が良いと言われているコレステロールは、悪玉コレステロールの方です。

 

コレステロールというのは、脂質の一種であり、悪玉コレステロールは、肝臓から体内へと循環するコレステロールの方を指していて、これが多いと高コレステロール症と言われる状態になります。

 

この状態が続くと、動脈硬化などといった、恐ろしい病気の引き金となってしまう可能性があります。

 

ジョギングを行うと、一定の時間が経過すると、エネルギー源として、主に体脂肪が使われるようになるのですが、この時に一番使われやすいのが、この血中にあるコレステロールのような脂質です。

 

ですから、ジョギングを行うことによって、エネルギー源として消費してしまうことによって、コレステロールを減少させる効果が期待できるということになります。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.