ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動と無酸素運動の違い

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動と無酸素運動の違い

 

有酸素運動とは対極の関係でもある無酸素運動という運動があります。

 

それではこの2種類の運動の違いとはどのようなところなのでしょうか?

 

無酸素運動とはその漢字からもわかるとおり、有酸素運動とは逆で、酸素を必要としない運動のことを言います。

 

もちろん、ここでの「酸素を必要としない」の「酸素」の意味は、有酸素運動の時と同じです。

 

私たちが生きていくために、呼吸によって酸素を取り入れるという行為の、「酸素」のこととは違います。

 

無酸素運動の時の筋肉を使うための主なエネルギーは、筋肉に貯めてあるグリコーゲン(糖質)です。

 

有酸素運動では体内の脂肪を酸素で燃焼してエネルギーにしていますので、そこが2つの運動の大きな違いです。

 

また無酸素運動は、短い時間に強い力を必要とする運動です。

 

有酸素運動時には、軽い運動を継続的に行うことになりますので、この点も両者の大きな違いと言えます。

 

無酸素運動で代表的なものをあげてみます。

 

筋肉を鍛えるために行う筋力トレーニング、短い距離を全力で走りきる短距離走、瞬発力を必要とする走り幅跳びなどの陸上競技、などと瞬間的に強い力が必要なものばかりです。

 

確かにこれらの運動を行う時には、気がついてみたら息を止めていた、なんてことがよくありませんか?

 

力む時にはたいてい息を止めてしまうものですよね。

 

無酸素運動は、酸素をエネルギーとして必要としない運動のため、そういう現象が起きて来ることもあるのです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.