ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ジョギングのデメリット

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ジョギングのデメリット

 

適度な運動をして、さわやかな汗をかける運動のジョギングですが、この運動にデメリットなどというものは存在するのでしょうか。

 

そこは、やはり何事も良い事ばかりと言う、都合の良いものではありません。

 

ジョギングにも、少しではありますが、デメリットというのも存在します。

 

一番大きなデメリットとして考えられるのは、怪我のリスクを始めとした、体に与える負担でしょう。

 

中でも足腰を中心とした、下半身の故障のリスクがあります。

 

普段の生活の中でも、何気なく行っている走るという行為ですが、実は私たちの体には大きな負担がかかっているのです。

 

例えば、地面に着地するかかとや、その着地した時の衝撃を吸収している膝には、体重の3〜5倍の力が加わっているとされています。

 

体重60kgの方であれば、着地の瞬間に、180〜300kgもの力が加わっていることになります。

 

もっと体重が重い方ですと・・・、少し恐ろしいなと思うような力が加わっていることになりますよね。

 

このような動作を絶え間なく繰り返して行われているのがジョギングですから、足や膝などに相当負担がかかっているので、怪我をする可能性も出てくるということになります。

 

また、足腰の他にも、心臓を始めとした循環器系統や、肺などの呼吸器にかかる負担も大きくなります。

 

このような部分に疾患のある方はもちろん、普段、運動不足気味な方にとっては、思っている以上の負担がかかり、思わぬ事態を引き起こしてしまうという危険性もないとは言い切れません。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.