ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動と呼吸法

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動と呼吸法

 

有酸素運動は、酸素を使って脂肪を燃焼する運動ですから、酸素を体内に取り入れるための呼吸とは切っても切れない関係にあります。

 

というよりも、呼吸して酸素を取り入れることが必要不可欠なものです。

 

では、脂肪を効率よく燃焼する呼吸法のようなものは存在するのでしょうか?

 

答えはYesです。

 

まずは基本ですが、呼吸をする時は、鼻から空気を吸って口から吐く、ということを意識してください。

 

現代人では、口呼吸をする人が増え、正しい呼吸が出来ていない人が増えてきている、と言われています。

 

そして、この時におなかにも注目してください。

 

吸う時にはおなかは膨らみ、吐くと引っ込んでいくと思います。

 

これがいわゆる腹式呼吸というものです。

 

普段からこの腹式呼吸を意識して行う習慣をつけるのが大事です。

 

さらに、呼吸をする時のポイントを押さえておきましょう。

 

どこに気をつけるのかというと、吐く時に体の中にあるすべての空気を吐き出すようなつもりで行ってください。

 

というのも、普段の呼吸時には、息を吐いても肺の中には20%前後の空気が残っています。

 

この状態から息を最大限吸っても、新しい空気は全体の80%分しか取り込めませんよね。

 

しかし、これをきちんと吐ききることによって、必然的により多くの新鮮な空気を体内に取り込むことが出来るのです。

 

それが「たくさんの酸素を効率よく体内に取り入れる=脂肪燃焼に必要な酸素をより多く確保する」ことにつながって、脂肪の燃焼を促進することにつながっていくのです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.