ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

新有酸素運動とは?

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

新有酸素運動とは?

 

あなたは新有酸素運動という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

私はちらっと耳にした程度で、あまりなじみのない言葉でどのようなことなのかよく知りませんでした。

 

そこで詳しく調べてみました。

 

新有酸素運動とは、アメリカのリチャード・B・クレーダー博士による理論だそうです。

 

どのような運動なのかというと、有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ交互に繰り返す、という運動です。

 

これによって、有酸素運動だけの時と比べると、より多くの脂肪を燃焼し、さらに運動時間も大幅に短縮できるそうです。

 

なぜこのようなことが可能なのかというと、いくつかのポイントがあります。

 

無酸素運動では瞬時に強い力を必要とするために、短時間で心拍数が上がります。

 

心拍数が上がることによって、血流がよくなりますので、運ばれる酸素の量も多くなります。

 

酸素の供給量が増えるということは、燃やすことができる脂肪の量も多くなり、結果的に時間も短縮されることになります。

 

また、有酸素運動の直後に無酸素運動をすることによって、毛細血管の血流がよくなりますので、こちらも上記のような結果が出ます。

 

さらに脂肪を燃焼するためには、リパーゼという脂肪燃焼酵素の働きが必要です。

 

このリパーゼの働きが活発になるのは、体温が1度前後上昇した時です。

 

有酸素運動では、この状態になるのに20分以上の時間が必要だったのです。

 

しかし、新有酸素運動では有酸素運動直後の無酸素運動により、短時間でリパーゼが活発になる体温まで上昇するので、脂肪燃焼が促進されることになります。

 

運動する時間が十分に取れない人や、運動そのものが苦痛な人にとっては有難いことかもしれませんね。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.