ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

水中ウォーキングの効果

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

水中ウォーキングの効果

 

水の中で泳がずに歩くという運動をする水中ウォーキングですが、その運動効果はどのようになっているのでしょうか。

 

水中ウォーキングも、通常のウォーキングなどと同じように、有酸素運動ですから、生活習慣病の予防や改善、脂肪燃焼によるダイエット効果など、全般的な効果は同じです。

 

それじゃあ普通のウォーキングと何も変わりはないのでは?と思ったあなたは、ちょっとせっかちですよ。

 

水中ウォーキングでは、通常のウォーキングと同じ効果を得られる運動が、地上で行うよりも、体にかかる負担を、とても少ない状態で行うことができるのです。

 

よって、体重が重すぎて、運動によってすぐに関節などを痛めてしまう危険のある方や、足腰が弱くなっている高齢者の方にとって、とてもリスクの少ない運動と言えるのです。

 

また、有酸素運動には、呼吸がつきものですが、胸への水圧の影響で、地上での運動時よりも、呼吸に使う筋肉が鍛えられますので、心肺機能の強化をはかることができます。

 

さらに水の抵抗を受けて行う運動ですので、普段使わない筋肉を使うことが出来ます。

 

そして、地上と同じ動作を行うにも、より多くの負荷がかかることになりますので、筋肉をよりたくさん使うことになり、それによってエネルギーの消費量も増えて、脂肪燃焼効果も高まるので、エクササイズ効果も高くなります。

 

簡単にまとめると、水中ウォーキングは体への負担が少ないので、怪我などのリスクが少ない安全性が高い運動であり、なおかつ高いエネルギー消費によってダイエット効果も抜群の運動です。

 

<水中ウォーキングとバストアップ>

 

水の中でウォーキングを行う水中ウォーキングですが、色々な歩き方があります。

 

それぞれの歩き方によって、体の様々な部分へのシェイプアップ効果があるのですが、それだけでは物足りない、もっと何かないの?という欲張りさんもいるでしょう。

 

そんな方でも満足できるように、歩き方というよりも、さらにある動きを加えることによって、様々な効果がプラスされるのが水中ウォーキングの楽しいところでもあり、便利なところでもあります。

 

ヒップアップ・ウエストシェイプなど、女性にとっては嬉しい効果ばかり色々とあるのですが、その中でも最も関心が高いのではないかと思われるバストアップ効果の出る動きについて取り上げてみます。

 

簡単な二つの動きで効果が期待できますので、ぜひ覚えてください。

 

まず一つ目は両方の腕を前方にまっすぐに伸ばします。

 

その状態で手をたたくような動作で、水を手のひらで挟み込むようにします。

 

腕や胸に力が入ってるのがよくわかります。

 

次に二つ目ですが、そのまっすぐ伸ばした両腕のひじを曲げて、腕を立てます。

 

そして、水を挟むようにして、体の前の中心に腕を引き寄せます。

 

そして、また開いて寄せるという動作を繰り返します。

 

この時に、腕を寄せる時には速く寄せて、開く時にはゆっくりと開くのがポイントです。

 

両方の動きとも手順は簡単ですが、水の抵抗を受けての動作ですので、思っているよりも結構労力が要り、バストアップ効果があるのです。

 

<水中ウォーキングとメタボ対策>

 

水中ウォーキングに興味を持ったり、これからやってみようと思っていたり、実際にもう始めているという方、それぞれいらっしゃると思います。

 

そして、そのきっかけは、入会したスポーツクラブにプールがあったから、生活習慣病が気になる年齢になってきたのでその予防のために、妊娠中の運動不足の解消のために、ダイエットの一環としてなど、人によって様々だと思います。

 

ここ数年話題になっていて、私たちが目を背けられないものとして、メタボリックシンドローム、いわゆるメタボと呼ばれる状態があります。

 

メタボというのは、ウエスト周りが男性では85cm、女性では90cm以上で、なおかつ高血糖・高血圧・高脂血症のうち2項目以上があてはまっている状態のことを言います。

 

有酸素運動の一種である水中ウォーキングは、実はこのメタボ対策として、とても有効な運動なのです。

 

ウエスト回りの数値でもわかるとおり、メタボの方の多くが、明らかに体重オーバーの状態の人です。

 

そのような方が、通常のウォーキングや他の運動を行う場合、膝や足首、腰などの関節に負担がかかりすぎて、けがや故障のリスクも大きくなってしまいます。

 

その点、水中ウォーキングでは、それらの負担がとても軽くなります。

 

さらに水の抵抗によって、エネルギーの消費量も多いので、効率的に脂肪を燃焼することが出来ます。

 

内臓脂肪は、皮下脂肪よりも燃焼されやすいので、大きな効果が期待できます。

 

加えて血中の数値についても改善が見込まれるので、まさにメタボ対策にはうってつけなのです。

 

<水中ウォーキングとダイエット>

 

エクササイズ効果が高い運動として、運動をしてダイエットをしようという方にとっては興味深い水中ウォーキングですが、より効率的なダイエット方法を考えてみましょう。

 

水中ウォーキングは、普通に歩くだけでも地上での通常のウォーキングと比べて、消費するカロリーが約1.5倍と、とても多い運動です。

 

ということは、より多くの脂肪を燃焼させることになるので、普通に歩くだけでも、ダイエット効果もとても高いということになります。

 

しかし、人間というのは欲張りなもので、「もっと効果を上げる方法ってないんだろうか?」などということを思ってしまいます。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、水中ウォーキングには、様々なウォーキング方法があります。

 

それは、水から受ける浮力によって、地上よりも多彩な動きが可能になるからです。

 

たくさんある歩き方の中でも、よりダイエット効果の高い歩き方を紹介したいと思います。

 

まず一番オススメなのは、ツイストウォークという歩き方です。

 

この歩き方では、ひじを曲げて、腰をひねって上半身を回転させて、歩く時に上げる足の膝とひじとをタッチさせながら前へと進みます。

 

お腹周りが重点的にシェイプアップされますので、理想的なくびれが期待できます。

 

次にオススメなのがジャンプウォークという歩き方です。

 

この歩き方は、その名の通り、ジャンプしながら前へと進む歩き方です。

 

浮力のおかげで体重の重い方でも無理なく行えます。

 

この歩き方は、下半身を集中的にシェイプアップすることが出来ます。

 

<水中ウォーキングと腰痛>

 

エクササイズ効果が高い運動として、ダイエットに関心のある女性を中心に人気がある水中ウォーキングですが、水中ウォーキングは何もダイエットのためだけの運動ではありません。

 

ダイエット目的の方と同じくらいオススメしたい方々がいます。

 

それは、腰痛持ちの方です。

 

実は何を隠そう私も腰痛持ちなのです。

 

同じ腰痛持ちの方なら実感としておわかりになるとは思いますが、運動をするとすぐに腰が痛くなってしまいます。

 

酷い腰痛もちの方の場合には、足や膝などを痛めてしまう前に、まずは持病の腰痛を何とかしなければ、運動したくても出来ない状態というのも決して少なくないのです。

 

ですが、腰痛があるからと言って、運動をしないという状態では、体にとってはやはり健康であるとは言えませんよね。

 

そこで、オススメしたいのが、水中ウォーキングなのです。

 

水から受ける浮力によって、体への負担がものすごく少なくてすみますから、腰の痛みを感じずに運動ができるというのが、何よりも快適で安心です。

 

腰痛もちにとっては、それだけでも十分にありがたいことなのですが、水中ウォーキングをオススメする理由は、それだけではありません。

 

何と、水中ウォーキングを行うことによって、腰痛自体の改善という効果も持っているのです。

 

これは、体を支える体幹の筋肉を鍛えることができる運動だからです。

 

なお、酷い腰痛もちの方には、後ろ向きに歩くバックウォークという歩き方が、より負担も少なくオススメです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.