ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動とランナーズ・ハイ

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動とランナーズ・ハイ

 

ランナーズ・ハイという言葉をご存知でしょうか?

 

意味はよく知らなくても、聞いたことがあるという方は多いと思います。

 

ランナーズ・ハイとは、マラソンなどで、長時間走り続けた時に気分が高揚してくる状態をさします。

 

ではこのような現象はどういったメカニズムでおきるのでしょうか。

 

走ることが習慣づいていない人の場合では、本来ならば1kmの距離を走るにも相当な苦痛が伴い、困難な状況だそうです。

 

しかし、よほど苦手や肥満でもない限り、そのくらいでしたら普通は走ることができますよね。

 

これを可能にしているのが、脳内神経伝達物質のエンドルフィンと呼ばれる物質だそうです。

 

このエンドルフィンは脳内麻薬とも呼ばれ、麻薬のように痛みを和らげる、麻痺させるなどの効果があります。

 

走るという行為によって、意識しなくても体に生まれているストレスを解消させるために、エンドルフィンが発生します。

 

通常は、この「ストレス=エンドルフィンによる効果」というバランスで打ち消しあっているために、特に変わりはありません。

 

しかし、例えば日頃からトレーニングを積んで走り慣れていたりすると、気温や路面状況など、普段よりも快適な状況で行った場合、普段と同じ量のエンドルフィンが発生していると、効果のほうが上回ってしまい、高揚感を感じるのです。

 

ただし、ランナーズ・ハイには危険性も伴います。

 

それ自体が中毒のようになってしまったり、判断能力が低下し、道を間違ったりなどいうことも考えられますので、有酸素運動に慣れて味わう機会があったとしても、依存しないように注意が必要です。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.