ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ノルディックウォーキングのやり方

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ノルディックウォーキングのやり方

 

歩くことに必要なポールが用意できたら、いよいよ実際に歩いてみましょう。

 

とは言っても普通のウォーキングとは歩き方が違いますので、どうやって歩いてよいのかわからない、という方がほとんどだと思います。

 

そこで、ノルディックウォーキングの歩き方を簡単に説明します。

 

イメージとしては、クロスカントリーを想像するとよいと思います。

 

いわゆる歩くスキーでは、ストックを雪面について、力を込めて体を前方へと押し出し、その力がスキーの滑る力となり前へ進んでゆきます。

 

ノルディックウォーキングでは、ポールを前に出ている足のかかと付近か、それよりも少し後ろのあたりにつきます。

 

そして、そのまま後ろの方向に押し出すことによって、前方へと進む力にします。

 

したがって、通常のウォーキングの動作に、このポールによる前方へ押し出す力が加わることによって、大きな歩幅で、より速く歩くことができるようになります。

 

ポールを後方へと押し出した後は、手のひらを開き、ぷらーんという感じで自然と腕を前方向に戻し、またポールを握ってついて後方へと押し出して進む、という動作の繰り返しです。

 

このポールをつく位置が重要なポイントとなるため、最初は常にポールをつく位置を意識しながら練習するとよいと思います。

 

どうしてもうまくできないという方は、各地で歩き方の講習会などが開かれていますので、そういったものに参加して歩き方を習ってみるのもよいかもしれませんね。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.