ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ウォーキングと心肺機能の関係

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ウォーキングと心肺機能の関係

 

ウォーキングには、心肺機能を高める効果があります。

 

この効果はウォーキングをしたことがないという方でも、なんとなく想像がつく効果かもしれないですね。

 

実際にウォーキングをされている方の中には、実感として感じている方も多いかもしれません。

 

ウォーキングは、有酸素運動という運動の一種です。

 

この有酸素運動と言う運動は、呼吸によって取り入れた酸素を使って、体についている体脂肪を燃焼させて、運動のエネルギー源として使用する運動です。

 

生きるために呼吸をして酸素を取り入れるということとはまた違って、運動をするためのエネルギーを生み出すことに酸素が使われるので、このように呼ばれているのです。

 

したがって、有酸素運動であるウォーキングを続けていると、運動するために酸素が必要となるため、呼吸によって空気交換を行っている肺が、たくさんの酸素を取り入れようと、自然と鍛えられることになります。

 

また、肺で新鮮な酸素を取り入れた血液は、運動によって使う筋肉へと運ばれることになりますが、その時に全身へ血液を送り出すポンプの役割を果たしているのが心臓です。

 

ですから、心臓も自然と鍛えられることになりますね。

 

もちろん呼吸に使う筋肉や、心筋なども鍛えられることになります。

 

よって、この両方の働きを合わせた、体の心肺機能と呼ばれるものが高まる効果があるというわけです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.