ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ウォーキングと不眠症改善の関係

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ウォーキングと不眠症改善の関係

 

ウォーキングには、私たちの体にとって良い効果が実にたくさんあります。

 

そんな効果の中の一つに、不眠症改善の効果があります。

 

不眠症の原因としては、色々な要因が考えられます。

 

不規則な生活や、過度のストレスによるもの、カフェインなどの物質の作用によるものなど、本当に様々です。

 

このような原因で陥ってしまう不眠症に、なぜウォーキングが効果を持つのでしょうか。

 

まずは、程よい運動であるウォーキングを行うことによって、体に適度な疲労感を与えて、眠ることで回復しようと言う体の状態に持っていくことができるということです。

 

特に就寝時間の2〜3時間前に行うのが、体温が低下して眠くなるのを促すので、効果が高いです。

 

また、ウォーキングを行うと、脳からアルファ波が出て、ストレスを発散するのを促してくれます。

 

目に見えないことですからわかりにくいかもしれませんが、趣味でストレス発散することなく、同じような働きをします。

 

さらにウォーキングには、神経伝達物質の一つである、セロトニンの生成を促す効果があります。

 

セロトニンは、同じ神経伝達物質で、興奮するなど脳の活性化をもたらすノルアドレナリンやドーパミンといった物質の働きを抑制する働きを持っています。

 

さらにセロトニンは、脳の中で、睡眠ホルモンであるメラトニンという物質に分解されます。

 

このメラトニンが、体温や血圧を下げたりなど、眠るための環境づくりをするので、セロトニンの生成を促すウォーキングを行うことによって、快適に眠れるようになります。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.