ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ウォーキングと寝たきり予防の関係

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ウォーキングと寝たきり予防の関係

 

寝たきりと聞いて思い浮かぶのが、食事や排泄に人の手を借りて、ずっと寝床から出られない、そんな状態だと思います。

 

誰もができれば、歳をとっても、そのような状態にはなりたくないと思うでしょうね。

 

ではこの寝たきりという状態になってしまう原因は何なのでしょうか。

 

その原因として一番多いのが、脳卒中だそうです。

 

脳に後遺症が残ってしまい、体の自由がきかなくなってしまったことをきっかけに、寝たきりになってしまうことが多いのだそうです。

 

この原因だと年齢も関係ないですよね。

 

ウォーキングには、この脳卒中を予防するという効果があります。

 

ということは、それによってなってしまうかもしれない、寝たきりを予防するためにもなるというわけです。

 

また、寝たきりになる他の要因としては、歳をとってからの骨折などもあるそうです。

 

若い時とは違って、骨折が治ったとしても、その後のリハビリでの回復も遅くなってしまうことが原因でしょう。

 

ウォーキングを習慣的に行うことは、自然と足腰を鍛えることにもなり、骨折しにくい体作りをすることになります。

 

また、万が一骨折してしまったとしても、その後の回復を早くするという効果もあります。

 

特に高齢の方には、寝たきり防止のためにも、簡単な運動のウォーキングをオススメしたいです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.