ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ウォーキングとボケ防止の関係

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ウォーキングとボケ防止の関係

 

「ウォーキングとボケ防止に関係なんてあるの?!」と思う方も多いかと思われます。

 

ですが驚くことにウォーキングは、ボケ予防のために現在ではかなり認知されてきている方法なのです。

 

実際に治療の一環として取り入れている病院も少なくありません。

 

どうしてウォーキングにそのような効果があるのかといいますと、ウォーキングには脳を活性化させる効果があるからです。

 

認知症など、いわゆるボケと呼ばれる状態は、脳が萎縮してしまい、正常な機能を果たさなくなってしまうことで引き起こる病気です。

 

この脳の萎縮は、もちろん加齢によって進むと言うことが多いですが、普段から脳をよく使うということを心がけていると予防することができます。

 

この脳を使うという行為では、私たちが体を動かすためにエネルギーが必要なのと同じで、脳を働かせるためにもエネルギーが必要になってきます。

 

このエネルギーを脳に供給してくれるのが、血液です。

 

ウォーキングを行うと全身の筋肉を使うために、血行が良くなるので、脳にも新鮮な栄養分と酸素を含んだ血液がたくさん運ばれることになります。

 

そのことによって、特に頭を使うということを意識していなくても、知らず知らずのうちに脳が働いてくれることにもつながるので、脳を鍛えることになり、ボケ防止の効果が見込まれるというわけです。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.