ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ウォーキングと体外受精の関係

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ウォーキングと体外受精の関係

 

ウォーキングをしている目的は、人それぞれ色々だと思います。

 

中でも多いのが、生活習慣病の予防や症状改善などと言う、健康の維持促進のためにウォーキングをしているという方や、「脂肪を燃焼させて痩せるんだ!」というダイエット目的で行っているという方も多いと思います。

 

実はそんなウォーキングの目的の一つに、不妊治療の一環としてやっているという方もおられます。

 

このことは、実際に不妊治療を行っている方や、家族が行っているという方以外にはあまり認知されていないことだと思います。

 

不妊治療の中には、体外受精というものがあります。

 

体外受精は、本来は女性の体の中で行われる受精を、体の外で行うという治療です。

 

体外受精では、体の外で無事に受精した受精卵を、体内に戻してやらなければなりません。

 

この時にきちんと子宮の壁にくっつくという着床をしなければ、戻された受精卵は、体内で無事に赤ちゃんになるまでに育つことはできません。

 

実はこの着床の確率を高めるという意味で、治療の一環としてウォーキングをすすめている病院が多いのです。

 

それは、ウォーキングを行うことによって、子宮やその周囲の血行が良くなる事によって、無事に着床する確率を少しでも上げようという試みだそうです。

 

不妊症で悩む方にとっては、少しでも妊娠の確率を高める方法があれば、取り入れたいところだと思うので、ウォーキングも大事な役割を担っています。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.