ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

ウォーキングの呼吸法

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

ウォーキングの呼吸法

 

ウォーキングをする時に気をつけなければならない事はたくさんありますが、その中の一つに呼吸法というものがあります。

 

息継ぎをしなければならない水泳でもないのに、歩く時に呼吸法まで考えなければならないの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

 

しかし、ウォーキングは立派な有酸素運動です。

 

有酸素運動を行う際に、運動時の呼吸法に気を配ることはとても大切なことです。

 

特に、運動の効果を挙げるためにも大切なことなんです。

 

それでは、実際にどのような呼吸法を行えばよいのでしょうか。

 

一般的に呼吸法というのは胸式呼吸と腹式呼吸というものがあります。

 

ウォーキングを行う時には、腹式呼吸を行うのがベストです。

 

何故そうなのかと言いますと、有酸素運動を行う時には、より多くの酸素を体内に取り込む必要があるからです。

 

胸式呼吸よりも腹式呼吸の方が、たくさんの酸素を取り込むことができるので、ウォーキング時だけでも意識して腹式呼吸を行うようにした方がよいでしょう。

 

腹式呼吸を行うと、腹筋が鍛えられるという効果もありますので、まさに一石二鳥です。

 

さらにウォーキング中の呼吸のポイントについてですが、歩くという動作にあわせてリズミカルに行うと良いです。

 

足の動作に合わせて、2回ずつ吸って吐いてを繰り返すやり方がいいでしょう。

 

またこの時には、吸うということよりも息を吐くということに重点をおくのがいいです。

 

きちんと息を吐いて肺に残さないことで、自然と新しい空気をより多く吸えるようになります。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.