ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動は食前、食後どちらが効果的なの?

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動は食前、食後どちらが効果的なの?

 

この疑問はよく言われることなのですが、実は意見が分かれるところで、結構難しい問題なのです。

 

というのも、両者ともにメリット、デメリットがあるからなのです。

 

まずは食前の運動についてです。

 

食前という事は、つまりは空腹時の状態に運動をするということです。

 

空腹時には、通常であれば比較的血糖値が低い状態になっています。

 

この状態は、有酸素運動を開始してから使われる糖分が、最初からあまりない状態であるということです。

 

ということは、脂肪をエネルギーとした運動に切り替わるタイミングが早くなります。

 

一見、脂肪燃焼に効果的なように思えますが、逆に脂肪燃焼効率が悪くなってしまったり、最悪の場合、低血糖で倒れてしまったり、というリスクがあるのです。

 

次に食後の運動です。

 

この時は脂肪燃焼効率が悪くなったり、倒れてしまうといった危険性はありません。

 

ただし、食後には消化活動のため、内臓が活発に働きます。

 

しかし、その時に運動をしてしまうと、筋肉を動かすために消化器官に十分な血液が確保されずに、内臓に負担をかけてしまうことになります。

 

どちらも甲乙つけがたいのが現状です。

 

一番良いのは食後2時間後くらいの時間帯と言われています。

 

脂肪の燃焼をどうしても重視したい場合は、空腹時にドリンクや飴などで糖分を少し補給して行うのが良いですね。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.