ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動のやり過ぎは逆効果ですか?

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動のやり過ぎは逆効果ですか?

 

「え、有酸素運動って、やったらやっただけ脂肪を燃やすはずなのに、どういうことなの?」と突っ込みたくなりますよね。

 

実は確かにやりすぎると、その結果、よくないこともでてきてしまうのです。

 

まずはやりすぎというのはどの程度のものなのかというと、体力などによって個人差はありますが、おおむね1時間をこえるような長時間の運動をさす場合が多いです。

 

長時間の運動でストレスを感じてしまうと、体内ではコルチゾールというホルモンの量が多くなってしまいます。

 

このホルモンは、筋肉を分解してエネルギーにしてしまうという活動を促進してしまう働きがあるのです。

 

よって、筋量が落ち、筋肉によるエネルギー代謝が落ちてしまうということです。

 

その結果、脂肪の燃焼効率が悪くなってしまったり、普段の活動による基礎代謝量の低下を招いたことで、痩せにくい体質になってしまう危険性があります。

 

よくストレス太りなどという言葉を聞きますが、有酸素運動のやりすぎによっても、こういった現象が起きてしまう可能性があるのです。

 

痩せるために有酸素運動を始めたのに、こうなってしまっては元も子もないですよね。

 

適度な運動を心がけていれば心配する必要は全くないので、あまり神経質にならずに、1回あたり30分くらいの運動時間で、継続して行うようにしましょう。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.