ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD

有酸素運動の運動強度

健康的に綺麗に痩せてリバウンドしない運動法や最適な時間帯、続ける方法などを紹介しています。

有酸素運動の運動強度

 

ダイエットに効果的である有酸素運動ですが、どのくらいの運動強度が適切なのでしょうか。

 

年齢や性別、体格や心肺機能など、人はそれぞれ違いますので、本来は人によって違います。

 

運動強度は、厳密には運動する人の酸素摂取能力を基準として、数値で表されます。

 

その人の最大酸素摂取量の何%を使用しているか、という数値になります。

 

しかし、これを正確に測るためには、酸素摂取量を計測する機器が必要になりますので、私たち一般人にとっては実用的なものではありません。

 

それでは何を目安として運動強度を知ることができるのでしょうか?

 

私たちが簡単に知ることができるのは、心拍数です。

 

家庭用としても普及しているエアロバイクなどには、心拍数を計測する設備が備わっているものも多いです。

 

また、機器がなくても自分の手で脈を取って数えることもできますので、かなり実用的ですよね。

 

それではちょうどよい運動強度の目安となる心拍数がどれくらいなのかというと、最大心拍数の50〜70%くらいと言われています。

 

具体的な数値で言うと、大体1分間に110〜120くらいになります。

 

運動している本人の主観的な状態としては、少し楽〜少しきついと感じる範囲くらいの運動量です。

 

運動しながら人と会話できるくらいの余裕がある状態が、一番適した運動強度と言えるでしょう。

 

人によって違う運動強度ですが、同じ人でも運動に慣れていない時と、習慣になって運動が日常的になった場合とではまた違ってきますので、上記のような状態を目安とするのがよいでしょう。

 


 
Copyright (C) ダイエットの効果的な運動・エクササイズ・体操・アプリ・DVD All Rights Reserved.